Table Ocean Cooking Studio
テーブルオーシャン・クッキングスタジオ

2010年11月 海苔鮭弁当

忙しい朝、早く寝たい深夜、それでもお弁当持参派のあなたにお勧めはやっぱりフライパン1枚で簡単!おいしい焼き海苔と鮭を使って野菜たっぷりのワンランク上の“のり弁”。フライパン1枚で忙しい朝でも簡単調理!

メイン写真

地域 :
主な食材 : 焼海苔、鮭切り身

材料【作りやすい分量】

▼ごはん 130g
▼ 〆漬け焼き
│鮭切り身(3カット) 1枚
│薄口醤油 小さじ1/2
└オリーブオイル 小さじ1
▼◆.乾椒Δ肇優のグリル・小松菜の粒マスタード炒め
≪ゴボウとネギのグリル≫
│ゴボウ(縦に4ツ割) 7cmの長さ1本
│白ネギ(長めの斜め切り) 15g
│塩 少々
│砂糖 ふたつまみ
└太白胡麻油 小さじ1/2
≪小松菜の粒マスタード炒め≫
│小松菜(7cmの長さ) 40g
│塩 少々
└粒マスタード 少々
▼ ふわふわ卵焼き
│卵 1個
│塩 ひとつまみ
└太白胡麻油 小さじ1
▼ぁ,いしい鰹節と海苔のふりかけ
│鰹節 1g
│焼き海苔 1g
│煎りゴマ 少々
└醤油 小さじ1/5

ポイント

  •  〆漬け焼き
    魚や肉に下味をつける時、ビニール袋を使うと、手も汚れず、後かづけも簡単!
  • ◆.乾椒Δ肇優のグリル・小松菜の粒マスタード炒め
    フライパンのスペースを上手に使って作りましょう。フライパンで野菜を炒める時、蓋を使えば、早く出来上がります。蓋をして中の蒸気で蒸し焼きのようにします。
  • ぁ,いしい鰹節と海苔のふりかけ
    ちぎって混ぜるだけ、カルシウム・ミネラル豊富な簡単ふりかけ。
  1. 鮭漬け焼き
    ビニール袋に鮭と薄口しょうゆを入れ軽くもみ、味をなじませます。
    フライパンにオリーブオイルをうすくのばし、鮭を両面色よく焼きます。

    フロー写真-01

  2. ゴボウとネギのグリル・小松菜の粒マスタード炒め
    フライパンに太白ゴマ油を入れ、ゴボウ、白ネギを並べます。塩・コショウで味をととのえ、焼き色がつくまで焼きます。
    ゴボウと白ネギに焼き色が付けば、とりだし、小松菜を炒めます。塩をして蓋をします。小松菜がしんなりしてきて、火が通れば、粒マスタードを加え強火でさっと炒めます。

    フロー写真-02

  3. ふわふわ卵焼き
    溶きほぐした卵を太白ゴマ油を温めたフライパンに入れて、中強火で手早くかき混ぜふわっとした卵に仕上げます。

    フロー写真-03

  4. おいしい鰹節と海苔のふりかけ
    鰹節と焼き海苔は小さくちぎって、煎りゴマ・醤油で味付け。