Table Ocean Cooking Studio
テーブルオーシャン・クッキングスタジオ

2010年10月 菊花ととんぶりのごはん

秋ならではの食材を贅沢に使って、いつもとは雰囲気の違うごはんを作りましょう。菊の花は、『もってのほか』を使います。菊のほのかな苦みと歯ごたえが昆布だしたっぷりのご飯に合います。日本の食材がもつ苦み、旨味、食感を味わえるごはんです。

メイン写真

地域 : 日本
主な食材 : 菊花・とんぶり

材料【4人分】

▼とんぶり 50g
│鰹節 5g
└醤油 大さじ1
2合
昆布だし 普通の水加減
小さじ2/3
大さじ1
菊の花びら 40g
焼き海苔 適宜
みょうが 適宜

ポイント

  • 菊の花びらを茹でる時、酢を少し入れると色良く茹であがります。シャキシャキとした食感を残すためにゆで過ぎないように!
  • 昆布だしは水に昆布を入れて、冷蔵庫で一晩おいたものを作っておくと便利です。
  1. とんぶりは水で洗って水分をしっかり絞っておきます。
    醤油・鰹節で味付けします。

    フロー写真-01

  2. 菊は花びらをガクからはずし、熱湯に酢を少々加えた中で茹でてから水にとり、固く絞ります。

    フロー写真-02

  3. 炊飯器の内釜に洗い米・昆布だし・塩・酒を加えて味付け、普通に炊きます。
    炊き立てに ↓△魏辰┐萄ぜ合わせます。


  4. お茶碗に盛り細く切ったミョウガと焼き海苔をのせます。