Table Ocean Cooking Studio
テーブルオーシャン・クッキングスタジオ

2012年04月 名残の大根葉で!

今年の冬も大根の葉に元気をもらいました。朝市で買う大根には立派な葉っぱがついています。母はレジ横に置かれている(葉を切っといて!と言ったお客さんの残り)大根の葉ももらってきます。大概はジャコや鰹節と炒めますが、私はこんな風に使ってみました。

メイン写真

地域 : 日本中
主な食材 : 大根葉

材料【】

大根の葉
沸騰した湯に塩
オリーブオイルや鰹節
卵やごはん

ポイント

  • 大根の葉を0.8%の塩加減で茹でます。でも、こんな数字をだすと、お料理が疲れる人もいるので、家庭ではパスタよりも薄味で。
  • 一気に冷たいお水にさらして、水気を絞ります。色がきれいなだけでなく、余熱で柔らか卯なりすぎるのを防ぎます。
  1. 大根の葉っぱ、茹でたことありますか?蒸し茹ででもいいのですが、量が多い時は、パスタ鍋で茹でています。塩加減は0.8%。ゆで過ぎは余計に繊維を感じるから気をつけて!

    フロー写真-01

  2. 茹でたら一気に流し水で温度をとり、水気を絞ります。この時、是非、1本食べてみてください。噛み始めて10回目位は水分がいっぱいです。多分20回くらいから大根の甘みと旨味を感じます。40回くらいでそろそろ柔らかくなります。80回くらいでほとんど水分がなくなるのですが、噛むことは本当に大切!噛む回数が少ないと胃の負担が問題になりますね!

    フロー写真-02

  3. 刻んだ大根はオリーブオイルなどのヘルシーなオイルでさっと炒めて、黒胡椒だけでも、おいしくなります!(そのまま食べても、ポテトサラダにしても納豆に混ぜてもOK!)

    フロー写真-03

  4. 鰹節を入れると、余分な水分も吸収してくれて、旨味もアップ!鰹は脳細胞も活性化してくれるので、1日10グラムは摂りたい!

    フロー写真-04

  5. 半熟卵に“作り方の大根葉”を加えました。

    フロー写真-05

  6. 炊きたてのごはんにのせるだけで、絶品!

    フロー写真-06